top of page
検索

【インフルエンサーマーケティング】基本原則6選!


【インフルエンサーマーケティング】基本原則6選!
インフルエンサーマーケティングの基本原則6選!

【インフルエンサーマーケティング】基本原則6選!


インフルエンサーマーケティングは、SNSの普及により、現代のPR戦略において欠かすことのできない要素となりました。しかし、その成功はただ単にインフルエンサーに案件依頼をするだけでなく、その背後にある企業の戦略に大きく依存しています。


本記事では、インフルエンサーマーケティングの成功に向けた6つの基本原則を紹介させて頂きます!


≫ 目次

▶︎【事例】



【ターゲット(潜在顧客)の理解】

 
ターゲット(潜在顧客)の理解

インフルエンサーマーケティングを成功させるための最初のステップは、ターゲットとなる潜在顧客の理解を深めることです。


ターゲット(潜在顧客)が何を望み、何に反応するのかを理解することは、適切なインフルエンサーを見つけ、効果的なコンテンツを作成するための大原則となります。


広告のターゲティングや商品開発同様、インフルエンサーマーケティングでも潜在顧客の行動、好み、興味、価値観を深く理解することが重要となります。


これにより、企業はそのターゲットに対して最も響くメッセージを提供することができます。


【インフルエンサーの選定】

 
自社に合ったインフルエンサーの選定

次に重要となるのが、ターゲットに最も響くインフルエンサーを選定することです。


これはただ単にフォロワー数が多いか、人気があるかだけで選ぶのではなく、そのインフルエンサーが企業のブランドや価値観、そして企業として想定しているターゲットと一致するかどうかを検討する必要があります。


フォロワーエンゲージメントが高く、想定するターゲットに属性の近いフォロワーを多く抱えるインフルエンサーは、ブランドのメッセージを自然で説得力のある方法で伝えることができます。


そして、そのメッセージがフォロワーによって受け入れられ、共有されることで、広告効果を最大限に引き出すことができます。


【コンテンツのクオリティ】

 

インフルエンサーマーケティングにおいて、コンテンツのクオリティは非常に重要です。


インフルエンサーが作成するコンテンツは、当然フォロワーにとって魅力的である必要があります。コンテンツのクオリティはPRの一部であり、企業のブランドイメージを形成します。


したがって、コンテンツは高品質であり、ターゲットとなる潜在顧客にとって有益かつ楽しめるものでなければなりません。


そのため、企業の担当者の方々は、インフルエンサーにコンテンツに関する詳細な指示を出しとフィードバックを行い、インフルエンサーとともに素晴らしいコンテンツを作成する必要があります。


その結果として、企業として伝えたいメッセージとブランドイメージを想定しているターゲット(潜在顧客)に伝えることができるようになります。


【誠実な意見の共有】

 

インフルエンサーマーケティングの成功は、誠実な意見の共有に大きく依存しています。


インフルエンサーが企業の商品やサービスを本当に信じていること、そして、その意見が本物であることをフォロワーが感じ取れることが重要です。


これはステマ(ステルスマーケティング)とは対照的で、インフルエンサーが誠実に商品やサービスを評価し、その真実の意見をフォロワーに伝えることにより、信頼性と透明性を保つことが求められます。


これにより、フォロワーはインフルエンサーの意見に価値を見出し、企業の商品やサービスに対する信頼を深めることが可能となります。


【長期的な関係性構築】

 
インフルエンサーとの長期的な関係性構築

今後、インフルエンサーマーケティングに挑戦しようとしている担当者の方々は、インフルエンサーマーケティングは、一回限りの取引ではなく、長期的な関係性の構築に焦点を当てることが必要です。


これはインフルエンサーがブランドの代表として、そのブランドの価値を時間をかけてフォロワーに伝えるという考え方です。これにより、企業はそのブランドの信頼性と認知度を高めることが可能となります。


長期的な関係性を構築することは、インフルエンサーが企業との連携を通じて自身のブランドを高めるという利点もあります。


これは双方向の成功を追求する形となり、より強力なパートナーシップを築くことができます。


【成果の測定と分析】

 

最後に、インフルエンサーマーケティングの効果は定期的に測定し、分析することが必要です。これにより、今回のPR施策は何がうまくいったのか、また改善すべき点は何かを理解することができます。


インフルエンサーマーケティングの成果を測定するためには、広告の視聴回数、クリック数、共有数、販売数などの指標を追跡します。


これらのデータを分析し、次のインフルエンサーマーケティングの戦略に反映させることで、企業はその効果を最大限に引き出すことが可能となります。


【事例】

 

基本原則について確認したところで、1つ事例を紹介させて頂きたいと思います。

インフルエンサーを活用し、SNSで93万回再生突破
インフルエンサーマーケティング-成功事例

こちらは、通年でインフルエンサーを活用したクリエイター施策を実施した事例になっています。


本事例では、SNSにおける各媒体の合計で93万回再生を記録し、大幅な認知獲得を達成しました。


本事例でPRした商品は、体を鍛えている人向けの栄養補助食品であったため、スポーツ系のインフルエンサーに案件の依頼を行い、3種類のSNSの活用してクリエイター施策を実施しました。


コンテンツとしては、SNSにおける動画内で商品に対するレビューを行ってもらうというものになっています。


インフルエンサー本人が以前からPR商品を使用していたということもあり、非常に誠実な意見を自身のフォロワーに届けることに成功しました。


結果として、各種SNS媒体の合計で93万回再生という大幅な認知獲得に成功しました。


また、SNS経由での購入導線を敷くことでターゲット(潜在顧客)が商品を購入しやすい環境を整えることができました。


このように、先ほど紹介させていただいた6つの基本原則を意識することで、商材の認知度を高め、広告効果そして売上を最大化することが可能になります!


【まとめ】

以上、インフルエンサーマーケティングの基本原則6選をご紹介しました。これらの原則は、インフルエンサーマーケティングの効果を最大限に引き出すためのガイドラインとなります。


それぞれの企業が独自の戦略を持つことは重要ですが、これらの原則を基にして、効果的なインフルエンサーマーケティングの戦略を構築することが推奨されます。


最後に、企業がインフルエンサーマーケティングを成功させるためには、それぞれの案件に対し十分な時間とリソースを投資し、戦略的なアプローチを取ることが重要です。


そうすることで、インフルエンサーとのパートナーシップを通じて、ブランドの認知度を高め、最終的には広告効果そして売上を最大化することが可能となります。





コメント


bottom of page