top of page
検索

【インフルエンサーマーケティング】歴史と進化!


【インフルエンサーマーケティング】歴史と進化!
インフルエンサーマーケティングの歴史と進化!

インフルエンサーマーケティングは、現代のマーケティング手法の中で非常に注目されている手法の1つです。


ソーシャルメディアの普及により、個人が自身の影響力を活かして商品やサービスを紹介することが増え、企業側もその影響力を利用して広告やプロモーション活動を行うようになりました。


本記事では、これまでインフルエンサーマーケティングがどのような道を辿って進化してきたのかについてご紹介します!


≫ 目次




【インフルエンサーマーケティングの歴史】

 
インフルエンサーマーケティングの歴史

1. 初期のインフルエンサーマーケティング(2000年代)


インフルエンサーマーケティングの始まりは、ブロガーやYouTuberなどの個人が自身の影響力を活かして商品やサービスを紹介することから始まりました。


ブログまたは動画内におけるインフルエンサーの意見は、フォロワーたちにとって信頼できる消費者の声として機能するため、企業にとって非常に有効なマーケティング手法として、密かに注目を集めていました。


ただ当時は、企業が個人に直接依頼して商品のレビューやプロモーションを行うケースが主流でした。


2. ソーシャルメディアの台頭(2010年代)


Facebook、Instagram、YouTubeなどのソーシャルメディアの普及により、インフルエンサーマーケティングは更なる注目を集めることとなりました。


インフルエンサーのフォロワー数やエンゲージメント率が重要視されるようになり、企業はより影響力のあるインフルエンサーとのコラボを求めるようになりました。


3. プロフェッショナル化と多様化(2010年代後半〜現在)


インフルエンサーマーケティングはビジネスとして成熟し、専門のエージェンシーやプラットフォームが登場しました。


インフルエンサーの分類や評価基準が整備され、マーケターはより効果的なインフルエンサーの選定やキャンペーンの実施が可能になりました。


また昨今では、バーチャルインフルエンサーやAIを活用したインフルエンサーマーケティングも登場し、多様な手法が試されています。


その中でも、TikTokを代表とするショート動画媒体のSNSにおけるインフルエンサーマーケティングが現在のトレンドとなっています。

これまでは、テキスト・画像・動画をメインとしたインフルエンサーマーケティングが主流でしたが、TikTokの台頭により、アプリ利用者がより手軽に商品やサービスの利点と雰囲気を知ることができるようになりました。




【インフルエンサーマーケティングの進化】

 

1. クリエイティブな広告手法の活用


インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーとのコラボによってクリエイティブな広告手法を実現することができます。


インフルエンサーは、自身の個性や特徴を活かした独自の広告手法を持っており、それを活用することで、より魅力的な広告を作り上げることができます。


そして、商品・サービス・企業に対する率直な意見を彼らのフォロワーに届けることができます。



2. ターゲット層へのピンポイントなアプローチ


インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーが持つフォロワーたちに直接アプローチすることができます。


インフルエンサーは、特定の分野やテーマに関して専門知識を持っており、そのフォロワー

はターゲットとして適切な消費者群に直接アクセスすることができます。


さらに、企業のSNS運用に特定のインフルエンサーをキャスティングすることで、採用やその他の企業活動に大きな影響を与えることができます。



3. AIとバーチャルリアルティの活用


最新のテクノロジーを使用して、企業はバーチャルインフルエンサーやAIを活用したマーケティングキャンペーンを実施するようになりました。


有名ファッションブランドが「バーチャルモデル」や「バーチャルインスタグラマー」とコラボする事例もあり、これから大きく成長するインフルエンサーマーケティング手法の1つとして捉えられています。


バーチャルインフルエンサーは、デザインやパーソナリティを完全に制御できるため、特定のブランドメッセージやキャンペーンに合わせて調整することができます。




【インフルエンサーマーケティングの未来】

 
インフルエンサーマーケティングの未来

1. マイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーの活用


大規模なインフルエンサーではなく、より小規模なインフルエンサー(マイクロインフルエンサーとナノインフルエンサー)が重視されるようになってきています。


これらのインフルエンサーは、一般的にはフォロワー数が少ないですが、その影響力は非常に強く、特定のニッチなコミュニティーに深い影響を及ぼすことができます。


ブランドメッセージなどを届けるターゲットが明確化できていない場合にも、マイクロインフルエンサーとなのインフルエンサーを活用することでマーケティング効果の測定を行うことができます。


2. データ重視のインフルエンサーマーケティング


インフルエンサーマーケティングは、よりデータを重視したアプローチに移行しています。


AIや機械学習を用いてインフルエンサーのパフォーマンスを予測し、費用対効果を最大化するための戦略を立てることが可能になってきています。



3. 誠実なインフルエンサーマーケティング


広告業界全体で、透明性と誠実な行動が求められています。インフルエンサーマーケティングでも、その傾向は例外ではありません。


インフルエンサーが広告であることを明確に示すこと、公正で透明性のある取引を行うことが求められています。


企業がインフルエンサーマーケティングを行う際には、炎上リスクなどを回避するためにも専門家に相談することが重要です。


以上がインフルエンサーマーケティングの歴史と進化についての概要です。


これからも、テクノロジーの進化や社会のニーズに応じて、インフルエンサーマーケティングはさらに進化していくことが考えられます。




Comments


bottom of page